■ MAIN SITE
バレエ留学・短期語学留学などのサポート
JUMIバレエコーディネート事務所
■ NEW ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ RECENT COMMENTS
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    JUMI (07/02)
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    Laurelway (06/26)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    JUMI (04/04)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    花時計 (04/04)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    JUMI (03/23)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    n (03/19)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    JUMI (02/25)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    西崎ひかり (02/23)
  • イギリスも初雪だよ。
    JUMI (01/29)
  • イギリスも初雪だよ。
    まほ (01/29)
■ LINKS
■ PROFILE
■ OTHERS


イギリスの空の下からのつぶやき

イギリスの空の下からのつぶやき
 バレエオーディション撮影(動画)〜バレエダンサー山琴子さん〜

琴子はまだ若いのにイギリス、スイス、アメリカと海外でのバレエの経験も多く

今回もちょうど新たなオファーが舞い込んできたところでその準備に追われている真っ最中だ。

                   動画撮影 山家健一 Kenichi Yanbe  

Produced by JUMI Co.,Ltd.

琴子に初めて会った時はほんの高校生で一人ではまだ何もできないようなお嬢さんというイメージで、とてもじゃないけれどあちこち海外を一人で飛び回るなんてできそうもなかった女の子なのだ。

でも、今は、知らない空港に降り立つこともワクワクするし

新たな国で踊る事も楽しみ。。。っと言うようになったからびっくり。

いつだったかどこかの国にオーディションに行った時には

スーツケースが紛失して、半べそをかきながら、それでも現地のバレエカンパニーまでハンドバッグ一つで必死で駆け付け、

カンパニーの人に事情を話して、レオタードからシューズまで自分のものではないもので挑んだ。 

よく頑張ったなあっと今だからこそ、たくさん褒めてあげたいと思う。

あの時は、琴子に

   ケガしないで無事で良かったじゃないか、

     スーツケースが琴子の代わりに守ってくれたんだよ、

っという慰め方しかできなかったから。

でも、ほんというと、いっぱい褒めてあげたかった。

でもそんな事すると泣き虫なあの子は泣くからね。(笑)

     な!琴子。。。

先日、彼女からとても嬉しいメッセージをもらった。

大事にとっておくつもりだ。

Lots of love & happiness

JUMI

       琴子のその他の記事はこちら 琴子の更なる未来へのチャレンジ

      撮影のお申込みはこちら 撮影についてはこちらをご覧くださいね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

  〜お知らせ〜

応援期間残りあと7日間となりました★

 バロン西〜飛翔  Baron Nishi〜Skyward ~

  2016年9月25日 ロンドンジャパン祭り 
津村禮次郎の能とバレエとピアノのコラボレーション  

 出演 津村禮次郎 坂元くるみ 山本理久 大場萌乃 図師めぐみ Leon Greedy(リオン駿)振付 渡辺幸

  あとほんの7日間ですが、引き続き応援よろしくお願いします。 応援して下さってる方々本当にありがとうございます。

   https://motion-gallery.net/projects/noh-ballet-piano

JUGEMテーマ:芸能

| バレエオーディション撮影 〈写真&動画〉 | comments(0) | - |
 〜12日間の応援のお願い〜津村禮次郎 能とバレエとピアノのコラボレーション     バロン西    〜飛翔〜

 ★本日よりたった12日間だけの応援のお願いです★

 バロン西〜飛翔  Baron Nishi〜Skyward ~

      2016年9月25日 ロンドンジャパン祭り 
津村禮次郎の能とバレエとピアノのコラボレーション

                   出演 津村禮次郎 (重要無形文化財保持者)

  バレエダンサー

坂元くるみ

山本理久   大場萌乃  図師めぐみ 

 作曲 ピアノ演奏 Leon Greedy(リオン駿)

振付 渡辺幸

 

★応援の締め切りは9月26日です★

温かいご支援をよろしくお願いいたします。

バロン西〜飛翔 Baron Nishi〜Skyward ~

1945年3月、硫黄島にて帰らぬ人となった元オリンピック金メダリスト(バロン西)の生涯を、重要無形文化財保持者 能楽師 津村禮次郎と若きバレエダンサーピアノのコラボレーションオリジナルショーにて、日本の文化と日本人の心をロンドンの人達に伝えたい!

 

●ストーリー
1932年外交官の息子として生まれた西竹一ことバロン西は、東京で生まれました。1912年に父を亡くした竹一は若干10歳で当主として男爵となります。馬術に興味をもった竹一はその才能を開花し、イタリアで大きな馬ウラヌスと出会うのです。そして1932年のロサンゼルスオリンピックの最終日、愛馬ウラヌスに乗って、世界の名だたる騎手を抑えて「障害飛越個人競技」で優勝し、見事に金メダルを獲得したのでした。この金メダルは日本の馬術界のみならずスポーツ界にとっても快挙でした。

やがて、戦況が悪化し、1945年西竹一は硫黄島にいました。

 

硫黄島にて、西竹一ことバロン西が率いる部隊が玉砕するその直前に、アメリカ軍からバロン西に投降(降伏)の呼びかけがあった。

 

「バロン西、あなたはロサンジェルスで偉大な業績を残しました。

      降伏する事は決して不名誉な事ではありません。

     私たちは勇敢に戦ったあなたに敬意を表したい。

          どうか出てきてください。

        私達はあなたを死なせたくない。」


バロン西はその投降の問いかけに永遠に答えなかったのだ。

 

その硫黄島が陥落する直前の最後の最後まで彼は日本人としての誇りを失わずに生涯を全うしたのです。

西竹一ことバロン西が残した金メダルは、2016年の現在においても日本がオリンピックの馬術競技で獲得した唯一のメダルでもあります。

私達は、能・バレエ・ピアノの和と洋の作品を造るだけに留まらず、私達日本人の誇りでもある、勇敢なオリンピック金メダリストバロン西の生涯と彼の最期をロンドンの人にも知ってもらいたいと思います。
また、それと同時に今の日本の若い人達にも考えてもらいたい。

何故バロン西は投降(降伏)の呼びかけに答えなかったのか。

                                                                      

 

 

「硫黄島で帰らぬ人となった元オリンピック金メダリスト(バロン西)の生涯を能とバレエとピアノで綴ります」

本番は9月25日日曜日 ロンドンのトラファルガースクエアにて。

    ★本日9月14日からたった12日間のみの期間限定のクラウドファンディングの応援のお願いです★

        ほんの短い12日間ですが
        作品にご興味を抱いてくださった方、
        ご縁のある方々
        できる範囲での優しいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

                 ★ありがとうございます★

    バロン西(写真 Wikipedia )

★As from today, 14th September, there are only 12 days left for your support.★

On Sunday the 25th September 2016 at Japan Matsuri (Trafalgar Square, London), there will be a collaboration of Reijiro Tsumura's Noh, Ballet and Piano based on the story of the man who didn't come home from Iou island, Olympic gold medallist, Baron Nishi.

We would be thoroughly grateful if we could see your support on the Crowdfunding

Cast
Noh Reijiro Tsumura (Living National Treasure)

Ballet dancer Kurumi Sakamoto
Riku Yamamoto
Moeno Oba
Megumi Zushi
Pianist Leon Greedy.

Choreographer Yuki Watanabe

Script Writer / Project Planner: Jumi Hashidate

    

           ★Thank you very much ★

Lots of love & happiness

JUMI

 

 

JUGEMテーマ:芸能

| バレエ ピアノ 能 芸術 2 | comments(0) | - |
 〜12日間の応援のお願い〜津村禮次郎 能とバレエとピアノのコラボレーション     バロン西    飛翔〜

 ★本日よりたった12日間だけの応援のお願いです★

 バロン西〜飛翔  Baron Nishi〜Skyward ~

      2016年9月25日 ロンドンジャパン祭り 
津村禮次郎の能とバレエとピアノのコラボレーション

 

     出演 津村禮次郎 (重要無形文化財保持者)

  バレエダンサー

坂元くるみ

山本理久   大場萌乃  図師めぐみ 

 作曲 ピアノ演奏 Leon Greedy(リオン駿)

振付 渡辺幸

 

★応援の締め切りは9月26日です★

温かいご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

バロン西〜飛翔 Baron Nishi〜Skyward ~

1945年3月、硫黄島にて帰らぬ人となった元オリンピック金メダリスト(バロン西)の生涯を、重要無形文化財保持者 能楽師 津村禮次郎と若きバレエダンサーピアノのコラボレーションオリジナルショーにて、日本の文化と日本人の心をロンドンの人達に伝えたい!

 

●ストーリー
1932年外交官の息子として生まれた西竹一ことバロン西は、東京で生まれました。1912年に父を亡くした竹一は若干10歳で当主として男爵となります。馬術に興味をもった竹一はその才能を開花し、イタリアで大きな馬ウラヌスと出会うのです。そして1932年のロサンゼルスオリンピックの最終日、愛馬ウラヌスに乗って、世界の名だたる騎手を抑えて「障害飛越個人競技」で優勝し、見事に金メダルを獲得したのでした。この金メダルは日本の馬術界のみならずスポーツ界にとっても快挙でした。

やがて、戦況が悪化し、1945年西竹一は硫黄島にいました。

 

硫黄島にて、西竹一ことバロン西が率いる部隊が玉砕するその直前に、アメリカ軍からバロン西に投降(降伏)の呼びかけがあった。

 

「バロン西、あなたはロサンジェルスで偉大な業績を残しました。

      降伏する事は決して不名誉な事ではありません。

     私たちは勇敢に戦ったあなたに敬意を表したい。

          どうか出てきてください。

        私達はあなたを死なせたくない。」


バロン西はその投降の問いかけに永遠に答えなかったのだ。

 

その硫黄島が陥落する直前の最後の最後まで彼は日本人としての誇りを失わずに生涯を全うしたのです。

西竹一ことバロン西が残した金メダルは、2016年の現在においても日本がオリンピックの馬術競技で獲得した唯一のメダルでもあります。

私達は、能・バレエ・ピアノの和と洋の作品を造るだけに留まらず、私達日本人の誇りでもある、勇敢なオリンピック金メダリストバロン西の生涯と彼の最期をロンドンの人にも知ってもらいたいと思います。
また、それと同時に今の日本の若い人達にも考えてもらいたい。

何故バロン西は投降(降伏)の呼びかけに答えなかったのか。

 

 

「硫黄島で帰らぬ人となった元オリンピック金メダリスト(バロン西)の生涯を能とバレエとピアノで綴ります」

本番は9月25日日曜日 ロンドンのトラファルガースクエアにて。

    ★本日9月14日からたった12日間のみの期間限定のクラウドファンディングの応援のお願いです★

        ほんの短い12日間ですが
作品にご興味を抱いてくださった方、
ご縁のある方々
できる範囲での優しいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

                 ★ありがとうございます★

バロン西(写真 Wikipedia )

★As from today, 14th September, there are only 12 days left for your support.★

On Sunday the 25th September 2016 at Japan Matsuri (Trafalgar Square, London), there will be a collaboration of Reijiro Tsumura's Noh, Ballet and Piano based on the story of the man who didn't come home from Iou island, Olympic gold medallist, Baron Nishi.

We would be thoroughly grateful if we could see your support on the Crowdfunding

Cast
Noh Reijiro Tsumura (Living National Treasure)

Ballet dancer Kurumi Sakamoto
Riku Yamamoto
Moeno Oba
Megumi Zushi
Pianist Leon Greedy.

Choreographer Yuki Watanabe

Script Writer / Project Planner: Jumi Hashidate

    

           ★Thank you very much ★

Lots of love & happiness

JUMI

 

 

 

 

JUGEMテーマ:芸能

| お知らせ  What's new !! | comments(0) | - |
 バレエオーディション撮影〜バレエダンサー坂元くるみさん〜

現在ルーマニアの国立バレエカンパニーで踊っている坂元くるみちゃんが

先日帰国していた時に私達のスタジオに撮影に来てくれた。

 

 

 

 

 

 

少し前に、靭帯を痛めルーマニアで大きな手術をした事もあり、

いろいろな思いも込めて、カメラの前に立ったくるみちゃんである。

傷跡を見た時に大変だったのだと実感した。

怪我などによりバレエダンサーとして踊れなくなってしまった時の事も

いろいろ考えたそうである。

彼女の将来のプランを聞いた時に、

実に逞しく、そして嬉しく思った。

 

もうお互いに長〜〜い付き合いなので

遠慮なく思った事を言いながら(笑)

なごやかにリラックスして撮影が進んだ。

お母さまとも久しぶりだったので

撮影後はいろいろ懐かしい話で盛り上がりました。(*^-^*)

 

今はまたルーマニアでバレエを踊っています。頑張れ Kurumi 💛

Kurumi, 9月にまた会おうねヽ(^o^)丿

 

Lots of love & happiness.

JUMI

 

撮影についてはこちらをご覧ください。
撮影のお申込み及びお問い合わせは、お問い合わせフォーム

jumi★ballet-uk.comまで。 ★を@に置き換えてくださいね。

 

坂元くるみちゃんの記事はこちら

くるみちゃんと再会

ヨーロッパで踊る若きバレリーナ坂元くるみちゃん〜靭帯の手術を乗り越えて

 

JUGEMテーマ:芸能

| バレエオーディション撮影 〈写真&動画〉 | comments(0) | - |
 バレエオーディション撮影〜バレエダンサー高橋和花さん〜

先日、高橋和花さんの撮影に立ち会った。 和花さんは16歳の頃よりカナダのケベック、そしてアメリカのサンフランシスコなどでバレエやダンスを学び、表現力豊かで才能満ち溢れる若きバレエダンサーである。

Ballet Dancer Waka Takahashi  Photos by Seiichi Kodama  撮影児玉成一

第一印象の和花ちゃんは、目がクリッとして少し年齢より幼く見えるかなっと思った。

だが、踊りの世界に入ると ものすごく想像性のあるダンサーだという事を、撮影しながらものすごく感じた。

一つの投げかけた言葉から、 彼女の想像力が掻き立てられたかと思うと、 瞬時にそれを表現する。。。

 「

まるで空を走っているような和花ちゃん。いや実際に空中を走ってくれた!

私は、 もしかして、、振付とかも好きなの??? っと和花ちゃんに聞いてみた、

和花ちゃんは う〜〜〜〜ん。 どうかなあ。。。????って 笑みを浮かべながら、 きょとんと私の目を見つめた。

私達はありきたりな写真だけではなくて もしかしてとっても創造的で独創的な、

この子にしかない魅力を伝える写真も撮れるのではないかと思い、 遠慮なくいろんな声をかけてみた。

そうすると、 和花ちゃんは 見事に美しく反応し バレットの様々な色合いの如く 華麗に変化していくのだ。

それに対して児玉カメラマンのカメラのシャッター音が 軽やかに響きわたる。

まるで一つの映画のワンシーンのように。

カナダの先生が絶賛して和花ちゃんを手元にずっと置きたかった気持ちがよくわかるような気がした。

非常に、満ち溢れる時間を児玉カメラマンも佐藤カメラマンも私も共有できたと言っても過言ではなかった。

そして、またいつものように白熱した?熱い現場でもあった(苦笑) 

この現場の空気が私はとても好きである。

こういう時間が実現するのは、ここに撮影に来てくださった方々の温かいお人柄と熱い気持ちのおかげであるといつも思う。

 

合間のおしゃべりも楽しくて あったかいムードがたちこめた。

児玉カメラマンが淹れてくれたコーヒーもなかなか美味しかった(笑 )

いつもの佐藤カメラマンとのやり取りも最高である。

 

後日お母様から 撮影の日の思いを温かい言葉で頂き 私達はとても嬉しかった。

  〜和花ちゃんの更なる活躍を これからもずっと応援したい私達である〜

 

Lots of love & happiness

JUMI

 

撮影についてはこちらをご覧ください。
撮影のお申込み及びお問い合わせは、お問い合わせフォーム

jumi★ballet-uk.comまで。 ★を@に置き換えてくださいね。

   和花ちゃんの写真をもう少しご紹介しますね!

 

 

JUGEMテーマ:芸能

| バレエオーディション撮影 〈写真&動画〉 | comments(0) | - |
 第二回横浜バレエフェスティバル

8月7日(日)に神奈川県民ホールにて第二回横浜バレエフェスティバルが開催されます。
世界で活躍する日本が生んだバレエダンサー達が今年も横浜に集います。

第一回目の昨年の横浜バレエフェスティバルも様々な構成と、お客様の心をとらえる素敵な演出で、

素晴らしくて楽しいとても素敵なステージが繰り広げられました。

私も一緒に行った友人もとてもそのステージに魅せられてしまいました。

今年の舞台は更に進化して観客の皆さまの心をつかむ事でしょう。


そして未来のダンサーを目指す方たちの為に今年も10歳から20歳までの方の出演者オーディションがあります。
私は、若いダンサーたちが大きなステージで踊れるチャンスを与えてもらえることは事は本当に素晴らしなあと思います。

是非チャンスをつかんでくださいね。
横浜バレエフェスティバルの詳細はこちらをご覧になってくださいね。

http://yokohamaballetfes.com/


 

Lots of love & happiness

JUMI

 

JUGEMテーマ:芸能

 

 

| お知らせ  What's new !! | comments(0) | - |
 バレエオーディション撮影 〜 ローザンヌ元ファイナリスト 木村楓音さん〜
2016年のローザンヌバレエコンクールのファイナリストの木村楓音<かのん>ちゃんのバレエ撮影に立ち会った。楓音ちゃんとは東京とロンドンで縁があり、数回会った事があるが、最後にロンドンで会った時よりも背が少し伸びた感じがした。 楓音ちゃんといえば、最近ではマニュエル ルグリ プロデュースの(未来のエトワールたち)で山本理久君と4月にNHKホールで一緒に踊ったばかりで将来を期待される若きバレエダンサーでもある。





    Ballet dancer  Kanon Kimura   Photos by Seiichi Kodama 撮影 児玉成一

複数の海外のバレエ学校からオファーをもらい、そして新たな出発も決まり、新天地での輝きを期待される新人の一人でもある。
ここまで来るのにさぞかし順風満帆と思われそうだが、実はなかなか苦労をしてきたという事をお母さまからも伺っていたので、
方針が決まった事を私も心から嬉しく思った。

この日、レオタードもいろいろ持ってきてもらったが、最終的にいろいろな角度からも確認、撮影してみて、皆で話し合って最終的にイザベラさんのレオタードに決めた。すっと背も伸びてキラっと瞳を輝かせながらカメラの前に立つ楓音ちゃんを、児玉カメラマンも軽快にシャッターを切っていった。長い撮影時間にも楓音ちゃんは疲れを見せず、時折、笑い声も弾み、なごやかな雰囲気の中で撮れた。 仕上がりを楓音ちゃんもお母さまもとても喜んでくださり、そう言ってもらえる事が、児玉カメラマンも佐藤カメラマンも私もとても嬉しい。 納得するまで妥協せず撮り続ける。それが児玉カメラマンや私の思いでもある。






   Ballet dancer  Kanon Kimura   Photos by Seiichi Kodama  撮影 児玉成一

マニュエル ルグリの(未来のエトワール)では、楓音ちゃんの気持ちとしてはもっと納得ができる踊りをしたかったけれど自分自身未熟であった事を責めて悔いが残り、公演が終わった後、家に帰り、たくさん涙がでて止まらなかったそうだ。

そんな楓音ちゃんの震える背中を見ながらお母さんはなんて言葉をかけてあげて良いかわからなかったそうだが、これは本人のこれからの更なる未来へ向けての努力と自分との闘いでしかないと思い、あえて多くを語らなかったそうである。乗り越えてほしいという深い願いを込めてその震える背中をじっと見つめた。

でも、NHKホールで一緒に踊った山本理久君は、とても良い経験を持てた事を嬉しく思うって言っていましたよ!


                   写真提供 私の友人 I.K 氏より

楓音ちゃんの更なる活躍を心より楽しみに
次の再会を楽しみにしている私達である。

Lots of love & happiness
JUMI

P.S.
木村かのんちゃんがロンドンに短期留学に来た時、かのんちゃんは猫ちゃんが大好きで私の知人の家の猫ちゃんが気に入って嬉しそうにたくさん抱っこしていました。そして白いソックスの猫ちゃんの話も愛情いっぱいに話してくれた。
それから市内のペットショップの前では足を止めてショーウインドーを眺めていた動物好きなかのんちゃんである。


                Photos by Jumi

撮影についてはこちらをご覧ください。
撮影のお申込み及びお問い合わせは、jumi★ballet-uk.comまで。 ★を@に置き換えてくださいね。


JUGEMテーマ:芸能


 
| バレエオーディション撮影 〈写真&動画〉 | comments(0) | - |
 日本人ダンサー二人が英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルに!
英国のロイヤルバレエ団が6月10日、日本人ダンサーの平野亮一さん高田茜さんが最高位である「プリンシパル」に昇格したと発表しました。西洋で始まったバレエ、、でも東洋の国、私達日本の国からこのような素晴らしいダンサーが更に生まれる事は同じ日本人としてとても誇りです。個人的にはとても幸運な事にたまたまイギリスに暮らしていたという事で、現地にて吉田都さんや熊川哲也さん、長尾千晶さんの素晴らしい舞台を生で観てこられる機会に恵まれたわけですが、これからも平野さん、高田さんのに次いで更に日本人の素晴らしいダンサーの方々が世界で活躍してほしいと心より願っています。

日本人のバレエの才能は更に進化していくと思います。
私の周りにも、才能溢れる子供たちが皆一生懸命努力して日々レッスンに励んでいます。

   平野さん、高田さん、おめでとうございます。
    これからのお二人の世界での活躍を日本人の一人として
              心から応援しております。





http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160611-00000010-nnn-int


★吉田都さんと長尾千晶さんの以前の記事はこちら
★熊川哲也さんの以前の親友がインタビューした時の記事はこちらの記事と
 そして受賞された時の記事はこちら


 
JUGEMテーマ:芸能
| つぶやきバレエ | comments(0) | - |
 東日本大震災から5年〜伯楽星カップ ゲイリーン ストックバレエコンペティションから6年〜
東日本大震災後、
このホームぺージを更新することができぬまま
5年の歳月が過ぎてしまいました。
そして本日2016年6月4日は伯楽星カップからまる6年の日でもあります。
震災後、心配で心配で慌てて救援物資を持って駆け付けた被災地は
伯楽星カップをやったあの時のものとまるで違っていました。

震災のほんの1年前にはそこで溢れる笑顔の子供たちが
英国からの素晴らしいゲストたちに包まれ
美しく、瞳をキラキラ輝かせながら
生き生きと踊っていたのですから。

あの時、私たちは何を予測できたというのでしょう。
まさか、あのような東日本大震災が起こるとは。。。
そしてその年、
私たちは第二回伯楽星カップを不開催という決断を下さざるをえませんでした。

あれから、5年という月日が流れたと思うも束の間、
先月の4月14日の夜、熊本地震という最大震度7を記録する大きな地震が起こってしまいました。
映像に映し出される悲劇的な光景は、東日本大震災を思い起こされ、
津波が起こったらどうしようかと多くの人たちが不安を抱きました。
日本中の人たちが東日本大震災の辛い光景を否応もなしに思い出した事と思います。
そして熊本からの悲しい叫びは人々の心の中にずんずんと広がっていったのです。

そして私達スタッフの脳裏には
東日本大震災、、そして
さかのぼり、、、 震災前の伯楽星カップ
そして遠く宮城まで来てくださったゲストの審査委員の方々の顔が浮かびました。

実は、東日本大震災の起こった同じ年の11月29日、
イングリッシュナショナルバレエスクールから
審査委員として来日してくださったアーニャ エバンス女史が
お亡くなりになりました。
この訃報に私たちスタッフはとてもショックを受けました。
何故ならば、コンクール開催中のアーニャがとても健康的に
毎日誰よりもよく歩き、ヘルシーな日本食をとても喜んでたくさん口にして
生き生きしていたのを忘れられなかったからです。

アーニャは鳴子温泉が気に入って
毎朝早く起きてジョギングしたりしていたのです。
そして明るく優しく
本当に素敵な女性でした。

アーニャは滞在中、
スタッフの私達が着ていた伯楽星カップのウインドブレーカーを
ほしいと言っていました。
残念ながらスタッフ着用分しかなくて、差し上げられませんでしたが、
今、思うと、着ているものを差し上げれば良かったと思います。

そして、それから、約3年後の2014年4月29日(奇しくもアーニャと同じ29日)
審査委員長を務めてくださったゲイリーン ストック女史がお亡くなりになりました。
最後まで、残してきた生徒達の事を気にかけていたと言います。
日本酒が大好きで
そして伯楽星の生まれた背景、そして杜氏新澤巖夫氏の生き方に
とても共感し、コンクールの審査委員長を是非引き受けたいとおっしゃって
引き受けてくださいました。
いくつになっても妖精のような方がいるものだと評したくなるような
そんなとても素敵な女性でした。またエネルギッシュで力強い女性でもありました。

時が流れてしまいましたが
お二人の業績を深く称えると同時に
そして心からの哀悼の意を表したいと思います。

   ゲイリーンさん、
   アーニャさん
   遠く宮城まで来て頂き
   ありがとうございました。

   お二人が協力してくださったおかげで
   世界でたった一つだけの
   最も可憐で
   最もファンタスティックな
   バレエコンクールを
   皆の力で造る事ができました。
   本当にありがとうございました。

   空の上で安らかにお過ごしになりながら
   これからも
   バレエを愛する子供たちを遠くから見守ってください。

そして、東日本大震災及び熊本地震により被災された皆さまならびに
そのご家族の皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

1日も早い復興を深くお祈りいたします。

一般社団法人 菜の花 代表 橋立珠美

(伯楽星カップホームページより抜粋)



伯楽星カップ ゲイリーンストックバレエコンペティションは、様々な職種の多くの方々の真摯な気持ちと、
たくさんの心温かな協力の元、開催する事ができました。
また、そこに集まってきて下さった未来の素晴らしいバレエダンサーの子供達やご父兄の方々、指導者の方々にも
6年という年月が過ぎてしまいましたが、この場所を借りて、
あらためて心から深くお礼を申し上げたいと思います。
心からありがとうございます。

★伯楽星カップ ゲイリーンストックバレエコンペティション スタッフ一同★




 
| 伯楽星カップ | comments(0) | - |
 ごめんなさい<(_ _*)> いっぱいになってしまいました。
JUMIの事務所では、2016年の9月からの留学生の方のガーディアンを
お引き受けできる人数がいっぱいになってしまい現在お受けできない状態です。
(ご希望されてご連絡して頂いた方、大変申し訳ありません)

小さな事務所ゆえ限られた人数しかお受けできず、本当にごめんなさい<(_ _)>
また、きちんとお世話させていただきたいので人数は制限させて頂いてます゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 
またガーディアンご希望の方は必ずお会いしたいと思っております。ご理解の程どうぞ宜しくお願い致します。
 
事情により、特例のみお受けできる場合がありますので、その場合はご相談下さい。

御迷惑をおかけして本当に申し訳ありません<(_ _)>
ありがとうございます。

Lots of love & happiness.
JUMI

 
JUGEMテーマ:学問・学校
| お知らせ  What's new !! | comments(0) | - |