■ MAIN SITE
バレエ留学・短期語学留学などのサポート
JUMIバレエコーディネート事務所
■ NEW ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ RECENT COMMENTS
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    JUMI (07/02)
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    Laurelway (06/26)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    JUMI (04/04)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    花時計 (04/04)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    JUMI (03/23)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    n (03/19)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    JUMI (02/25)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    西崎ひかり (02/23)
  • イギリスも初雪だよ。
    JUMI (01/29)
  • イギリスも初雪だよ。
    まほ (01/29)
■ LINKS
■ PROFILE
■ OTHERS


イギリスの空の下からのつぶやき

イギリスの空の下からのつぶやき
 津村禮次郎と伯楽星、バレエ、ピアノのコラボレーション  HAKURAKUSEI
今年の9月19日の土曜日、ロンドンのジャパン祭りトラファルガースクエアにて
今年の新しい能とバレエとピアノの作品を観ていただく前に
再度、昨年の作品をご覧になってみてくださいね。
         
               〜HAKURAKUSEI〜


昨年、初めての試みでしたが、JUMIの子供たちの杏実も一仁も、
津村先生と共に一生懸命頑張ってくれました。ありがとうね。
そして何よりも津村先生温かいご指導をありがとうございました。そして今年のロンドン公演も
未熟な私たちをどうぞよろしくお願いいたします。今年も皆で一生懸命ついていきます!

ありがとうございます(*^-^*)

Lots of love & happiness
JUMI
 
JUGEMテーマ:芸能
| バレエ、ピアノ 能 芸術 1 | comments(0) | - |
 津村禮次郎と伯楽星 バレエとピアノのコラボレーション JAPAN祭り 無事に終わりました!
津村禮次郎 と伯楽星 バレエとピアノのコラボレーションのロンドン公演無事に終わりました☆彡
終演後、こみあげてくる涙を抑えて駆けつけて下さった観客の方々
Bravoと叫んでくださった方々、
感動をありがとうと言ってくださった方々、
想像以上の皆さまの温かい反響とご声援に、私たちスタッフも涙がでるほど嬉しかったです。

ご声援本当にありがとうございました。
心から
心から
ありがとうございます。

これからも温かい応援をどうぞよろしくお願いいたします。

感謝を込めて
      (津村禮次郎 能と伯楽星とバレエと音楽と) 制作スタッフ一同


石橋杏実 Kyomi Ishibashi & 鶴家一仁 Kazuhito Tsuruga


津村禮次郎. Reijiro Tsumura

追伸
リハーサルや本番の様子を記事として時々アップしていきますので読んで下さいね。


| バレエ、ピアノ 能 芸術 1 | comments(0) | - |
 本日JAPAN祭り 伯楽星と能とバレエとピアノのコラボレーション

伯楽星、津村禮次郎、バレエ&ピアノのコラボレーションのショーは
本日27日土曜日午後7時からロンドントラファルガースクエアにて。

オフィシャルWEBはこちらです。リハーサル風景の動画も観れます。

http://japanmatsuri.com/2014/09/12/tsumura-reijiro/
| バレエ、ピアノ 能 芸術 1 | comments(0) | - |
 津村禮次郎と伯楽星 バレエとピアノのコラボレーション


東日本大震災で全壊した蔵の日本酒(伯楽星)の誕生からその未来に向けての復活のストーリーが、津村禮次郎とバレエとピアノのコラボレーションによるショーになりました。

津村禮次郎&伯楽星、能、バレエとピアノのコラボレーション
日程 2014年 9月27日 土曜日 午後7時
場所 ロンドン トラファルガースクエア、JAPAN祭り ステージ


出演
能     津村禮次郎  重要無形文化財保持者
バレエ. コンテンポラリーダンス & 振り付け  石橋杏美  鶴家一仁 
作曲 &ピアノ演奏 Leon Greedy



【伯楽星の復活】

2011年3月11日に発生した東日本大震災により多くの尊い命が失われました。
3年半経った今も被災地にはたくさんの傷跡が残り、多くの被災者が避難生活を余儀なく?され心に不安を抱え生活しています。
宮城県大崎市三本木に蔵をかまえる日本酒「伯楽星」も震災により甚大な被害を受け、蔵?は全壊し日本酒造りを断念するかどうかの選択を迫られました。
しかし、伯楽星の杜氏の新澤巖夫と蔵人の熱意と伯楽星を愛する人々の支援により、ゼロからの出発を決意し美しい水に恵まれた宮城県の山間の?柴田郡川崎町へ蔵を移転しました。
明日の見えない日々から不死鳥のごとく復活を遂げ、さらなる進化をし続ける伯楽星の物?語を、伯楽星オリジナルピアノ曲にのせ、能楽師津村禮次郎氏が厳かに舞い、若手バレエダンサ?ーが美しく華麗に踊ります。

制作スタッフ 
            新井徳子 
    児玉成一 
    橋立珠美
    山家健一
 
協賛 新澤巖夫 〈伯楽星〉新澤醸造店
     
協力
   浅野りつ
   市川益弘 
   小暮巌 
   長谷川晴彦
   渡辺茂夫 
   スタジオアーキタンツ

企画制作(株〉JUMI
 
| バレエ、ピアノ 能 芸術 1 | comments(0) | - |
 Hakurakusei is collaborating with Noh , Ballet and Piano


We are delighted to welcome Noh actor and Japanese intangible cultural asset, Reijiro Tsumura, to 2014 Japan Matsuri. He will be performing Hakurakusei a new piece for noh, ballet and piano created especially for this occasion.

Composed in four movements, Hakurakusei is based on an original story written by Iwao Niizawa, chief brewer and director of the eponymous brewery.

It tells of the Hakurakusei sake brewery in Miyagi Prefecture in northern Japan. At first all is peaceful and uneventful. Then comes the devastating earthquake and tsunami of March 2011 and the brewery is completely destroyed. Although at first there is deep despair, slowly it is rebuilt and sake is once again produced. The piece ends with a note of hope for the future of the brewery.

Performers
(Noh Actor)(Reijiro Tsumura)
(Dancer)(Kyomi Ishibashi) (Kazuhito Tsuruga)
(Pianist(Leon Greedy)
(Composer)(Leon Greedy)



Date Saturday 27 September 7pm
venue Trafalgar Square London

In partnership with 伯楽星 杜氏(Chief brewer of Japanese sake “HAKURAKUSEI”)
新澤巖夫(Iwao Niizawa)
Get a sneak preview of this special Japan Matsuri performance, with this glimpse of the performers in rehearsal. https://www.youtube.com/watch?v=lxkZ05nCA9w

BACKGROUND TO THE STORY

Many people lost their lives in the Great East Japan Earthquake and Tsunami on 11 March 2011. Three and a half years later, there are still many scars on the landscape and many of those affected are still living in uncertainty in temporary accommodation.

Hakurakusei, a brewery in Osaki, Miyagi Prefecture was completely destroyed in the earthquake and the owners were forced to decide whether or not simply to cease production. In the end, through the determination of the chief brewer and the support of those who loved Hakurakusei, they decided to start from scratch again and moved the brewery to Kawasaki-cho, Shibata-gun in Miyagi.

With a majestic performance by Noh master, Reijiro Tsumura and expressively beautiful dance of two young ballet dancers, Hakurakusei is a new composition which tells the story of how the brewery has recovered, like a phoenix rising from the ashes.


REIJIRO TSUMURA BIOGRAPHY

Tsumura Reijiro is head of the Ryokusenkai group within the Kanze School of noh and received the designation ‘important intangible cultural asset’ in 1991.

After training under Tsumura Kimiko while studying at Hitotsubashi University, Tsumura Reijiro gained the level of master in 1969 and became head of the Ryokusenkai in 1974. Since 1979 he has been engaged in the planning and organising of the annual night time, fire-lit Takigi Noh event in Koganei. In addition to regular performances of classical noh plays, he is active in the training and development of young actors.

Tsumura Reijiro performs widely, not only within the traditional repertoire but in creating new productions and commissioning new plays. He has toured internationally to countries including the UK, Belgium, Spain, Singapore, Sweden, Norway, Denmark and Indonesia, where he has frequently worked in collaboration with other performers from different genres including opera and dance.

In 2010 he travelled to Russia and Hungary to teach as an Ambassador for Cultural Exchange under the auspices of the Agency for Cultural

Production staff
   Noriko Arai
   Seiichi Kodama
   Jumi Hashidate
   Kenichi Yanbe

Special thanks for
Iwao Niizawa < Hakurakusei>
Niizawa brewery


Ritsu Asano
Masuhiro Ichikawa
Iwao Kogure
Haruhiko Hasegawa
Shigeo Watanabe
Studio ARCHITANZ

Produced by JUMI Co.,Ltd.


 
| バレエ、ピアノ 能 芸術 1 | comments(0) | - |
 ピアノ曲 伯楽星  〜Four movements〜
東日本大震災で蔵が大きな被害を受けた日本酒(伯楽星)。
その誕生から復活までのストーリィーを奏でる四つの音楽からなる(ピアノ曲 伯楽星)が生まれました。

そしてそのストーリーを、能とバレエとピアノで表現します。
     伯楽星〜能とバレエとピアノのコラボレーション

日程 2014年9月27日土曜日 19時より初演
場所 ロンドン トラファルガースクエア ジャパン祭り ステージ 
       ☆プログラムの詳細及びキャストは今週中にupします。


 
| バレエ、ピアノ 能 芸術 1 | comments(0) | - |
 小金井薪能と江戸東京たてもの園
8月24日小金井薪能に行ってきました。
この幻想的で美しい野外の劇場で

The KUMANOのような作品を観ることができたのは忘れられない思い出です。



8月も終わりになると、
夕方を過ぎると
しのぎやすくなり

風の流れも
虫の声も
そして空の色も蒼く素敵です。。。

幻想的な空間の中で
私たちは

儀式の〈火入れ〉から
能〈高砂〉
狂言〈六地蔵〉
ヴァイオリンの独走〈シャコンヌ〉
創作〈The KUMANO〉

を思う存分楽しみました。

小金井薪能は夏の終わりの
優しい虫の音と
そして綺麗な空と
音楽と、、、、
幻想的な美しい空間の中で
繰り広げられました。

創作(The KUMANO)は説明するまでもなく
リハーサルで観た時以上に本番は更に素晴らしく
神秘で迫力があり、
手の届かないような世界の珠玉の美しさを見事に表現されて
私たちの心を惹きつけました。


小金井薪能は津村禮次郎先生が作家で国文学者でもある林望氏と発起されてから今年で36回目を迎えました。



実は、林望さんの〈イギリスはおいしい〉という著書は
イギリスに来たばかりの慣れない土地での当初のくら〜〜い?私をとても元気づけてくれた大好きな一冊でした。

〈イギリスはおいしい〉のおかげで
元気がなかったあの頃の私は
お腹をかかえて笑い、
そして優しさをかみしめながら涙を流しました。
なんて素敵な本だろう。。。そう思って大事に手をとってから
かれころ20年以上はたつはず。。。

そして今週、いよいよ津村先生にロンドンに来ていただく事になったのですが、
とても不思議な気がします。

また今回友人である写真家の児玉成一氏がロンドンに津村先生と共に撮影に同行しますが児玉さんは林望氏の撮影も何度かされたことがあると聞き、、
ご縁は不思議とますます思います。

また今回、やはり友人で長年モーターレーシングチームを支えてきて今ヨーロッパで活躍する新人ラリードライバー新井大輝君のママでもある新井徳子さんが今週日本からロンドンまでわざわざイベントの手伝いに駆けつけてくれるのでですが、モーターレーシングの仕事の関係でご家族でイギリスに暮らしていた事がある彼女とも〈イギリスはおいしい〉で一緒にイギリスの空の下で笑いながら涙したことがあります。 ご縁は不思議でありがたいです。

ところで
小金井薪能の立地が江戸東京たてもの園のところなので、
私たちは公演前に日本の昔のたてものを見て歩いて
とてもいい一日を過ごす事ができました。

楽しかったあ。



昔の田園調布の小さな可愛い家が気に入ってしまいました。



またお昼に食べたおうどんが美味しかったあ。
(たべもの処 蔵)というおうどんやさんでした。

そしてそこで飲んだ瓶ビールも冷たく冷えて喉ごし最高でしたよ。

それから江戸時代の居酒屋さんにて。
こんなところで本気で?飲んでみたい〈笑〉
| バレエ、ピアノ 能 芸術 1 | comments(0) | - |
 The KUMANO のリハーサルと津村禮次郎先生の能の講座
先月、田町のスタジオアーキタンツに
津村禮次郎先生の能の講座を受けてきました。

以前にも別の講座を受けた事があるのですが、津村先生の講座は
実際にかなり動き、声も出すので、
初心者にとっても、とてもわかりやすく楽しい時間でした。

〈猩々〉という作品を教えて頂いたのですが、難しい漢字に書かれたものを
写真の下の段のように、

ひらがなで書いてあるのですが、
音符のように高さが高いところ、低いところを表現していくのが
声をだしていてかなり面白いのです。
でも一番びっくりしたのは、津村先生の声!

はじめに先生が謡いをした時に、
どこかスピーカーから誰かが声を出してるのではないかというほどの響く声。。。。

ゾクっとするほど、、
ビンビン心臓に声が響いてきます。

メチャクチャ良い声なのよ。
能の詠いってすごいです。
これは結構はまります。
いやあ、、すごいです。

この感動をどうしてもイギリスの人にも知ってほしいと思いまして、
それでもうすぐ津村先生はロンドンまで来てくださるのですが。

そして能の講義を受けた後、
小金井薪能のThe KUMANOのリハーサルを見学させて頂きました。

また参ってしまいました。
この作品に惚れてしまいました♡♡
実は先日のオセロー&オテロを観て、
この作品が観たくてたまりませんでした。

こういう作品を創造して作れる津村禮次郎という人は普通の人ではないというのがすぐにわかりました。

この日は
もともと能が好きな友人のこだまさんと
私と同じく能がまだ初心者の友人のこぐれさんの三人で

〈なんか似たような名前だなあ。。。(・.・;)〉

見学させてもらったのですが、
こだまさんもこぐれさんも、はじめ、能はやはり古典の作品が良いのでは云々、、、
という意見をもっていたのですが、
このリハーサルを観て、

こういう世界もあるのだと、すっかりとりこに♡
二人とも、8月24日のThe KUMANOの公演を観に行くと即決。

つまり私のマネっこをしたのであった???
な〜〜んてね。。。。〈苦笑〉

でも、津村先生と、ダンスの小尻健太さん、和太鼓の佐藤健作さんの絡みがすごすぎます!!





たまらない。。。。。。
この人たち、、なんなの、、いったい??という程、

津村禮次郎先生の重厚なる存在感ある魂を感じさせる動きと舞
小尻健太さんの果てしない程の軽やかなダンス、
そして怖いほど迫力ある佐藤健作さんの和太鼓
三人が三つどもえになって生み出す限りない魅力的な世界。。。。。

圧巻でした*(^o^)/*

もう一つ、
ものすごく感動したことは
このリハーサルの空気です。

津村禮次郎を囲む
若い芸術家の人たちが
心からの尊敬の念を目に輝かせながら、
先生と慕い、真剣に耳を傾け
そして真っ直ぐに意見を交換しあう。
そして津村先生こそ更に彼らの言葉に真剣に耳を傾け
彼らを心に受け入れる。
その空気感は
明るくゆるぎない信頼の絆の中に輝いていました。

だからこういう作品が生まれるのだろう。

Lots of love $ happiness.
JUMI
 


追伸
終わった後に、この日はちゃっかり
小尻健太さんと二人で写真と思ったら
友人のこぐれさんも一緒に写ってるよぉ〜〜(・.・;) 
ま、、いいか。。






 
| バレエ、ピアノ 能 芸術 1 | comments(0) | - |
 セルリアンタワー能楽堂 オセロー&オテロ 
去る8月、能楽師の津村禮次郎先生と酒井はなさんが出演する
オセロ&オテロを観てきた。
圧巻であった。

能とダンスの心地よいハーモニー
そして津村先生が
あそこまでダンスと絡んで迫力のある場面を織りなすとは
すごかった〜〜〜!!

イアーゴは津村禮次郎の為にあるのかとまで思わせてしまうほどの
圧倒的な存在感。

あの空気とものすごいエネルギー
そして動き。。
本当にすごかったです。

また酒井はなさんがとても素敵だった。
内から溢れ出るすごく熱いもの。。。
それが踊りに見事に伝わってくる。
なんと幅広い踊りをこなす素敵なダンサーなのか。

そして、オペラあり、ピアノありと、
クラシック音楽が大好きな私にとってはたまらない空間となった
オセロ&オテロである。

数年前からご縁があって能の世界に足を踏み入れてみたのだけれど、
日本の古典芸能ってすごい

以前、はじめて国立能楽堂に能を鑑賞に行った時に
能楽堂の美しさに参ってしまった。

こういう和の舞台の中で
和と洋の結合は
溢れるほどの日本の美しさを感じずにはいられない。


JUMI

2014年8月9日土曜日鑑賞


オセロー&オテロ 

演出振付 森優貴
能 津村禮次郎
ピアノ 北川暁子
テノール 水口聡
ソプラノ 市原愛
ダンス 酒井はな 森優貴

企画制作 セルリアンタワー能楽堂
企画制作協力 スタジオアーキタンツ
協力 (株)ジャパンアーツ







終演後集まって来たファンの方々に温かく微笑む津村禮次郎先生。


ちゃっかり一緒に写真を撮って頂いた*\(^o^)/*嬉しいなあ。


| バレエ、ピアノ 能 芸術 1 | comments(0) | - |
 小金井薪能 津村禮次郎 能とダンスによる創作
8月24日(日曜日) 第36回小金井薪能 (koganei Takiginoh)
能楽師の津村禮次郎先生を始めとする日本を代表するアーティスト達と共に能とダンスによる創作を披露。
いよいよ明日!!!!

能 津村禮次郎
ダンス 小尻健太
ヴァイオリン 古澤巌
和太鼓 佐藤健作

お問い合わせはこちらです。
http://koganeitakiginou.sakura.ne.jp/01.html
小金井薪能事務所 070−2150−7557(公演当日に限る)
         042−387−1712 (午前10時〜午後4時)

私も明日がとっても楽しみです。
会場は、都立小金井公園 江戸東京たてもの園前です。

JUGEMテーマ:芸能

 
| バレエ、ピアノ 能 芸術 1 | comments(0) | - |