■ MAIN SITE
バレエ留学・短期語学留学などのサポート
JUMIバレエコーディネート事務所
■ NEW ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ RECENT COMMENTS
  • 英国ブリティッシュバレエグランプリ参加者募集〜バレエシアターUKにて短期インテンシブトレーニング付
    kenji ohashi (04/19)
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    JUMI (07/02)
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    Laurelway (06/26)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    JUMI (04/04)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    花時計 (04/04)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    JUMI (03/23)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    n (03/19)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    JUMI (02/25)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    西崎ひかり (02/23)
  • イギリスも初雪だよ。
    JUMI (01/29)
■ LINKS
■ PROFILE
■ OTHERS


イギリスの空の下からのつぶやき

イギリスの空の下からのつぶやき
<< 4月6日 大崎市長にお会いする 〜 大崎市長、東北への思いを熱く 〜 | MAIN | 4月16日 再び夜行バスに乗って宮城へ。 バレエの少女達と再会。 >>
 4月6日 伯楽星 杜氏 新澤巖夫さんと再会〜伯楽星は生きている〜
市民会館を後にして、
一路、、、

伯楽星の蔵、 新澤醸造店へ向う。

到着後、車をとめて、

蔵の横の道をまっすぐ歩いていった。

ちょうどお昼過ぎだったので、みんなは蔵の外で、
昼ごはんを食べ終わったところだった。

そのときに、
蔵人の女性スタッフの浅野さん(伯楽星カップでもスタッフとして活躍してくれた)が
私のほうを見て、

待ってたんです。。。。良かった。。。

と、言って駆け寄ってくれて
瞳が潤むのを見たら、
私も泣きそうになった。。


新澤さんが、
一瞬、ぼう〜〜っと
信じられないっという顔をして、


あれ〜〜〜
どうしたんですか〜〜

っと、、、


驚いて私のほうを見た、


歩み寄って来た時の目を見ると、、
何かがにじんでた。


浅野さんが、、

さぶんさんが、今朝私にだけ内緒で、じゅみさんが来たことを、教えてくれたのだけど、
専務(新澤さん)は勿論何も知りませんでした


っと小声で言った。



会えてよかった。。。

無事で良かった。

怪我してなくてよかった。。


もうそれだけだった。


実は、その時、新澤さんと
何をしゃべったか、、
忘れてしまった。。。


いてもたってもいられない思いがとてもあったので、
こんな言い方をしてはいけないけど、
ここに来た途端、
なんだか、それだけで一つ安心してしまったからだと思う。



その後、
新澤さんが蔵の中を案内してくれた。

蔵は、写真で見るように
被害が大きい。


 

 

 

 

 

新澤さんは
震災を唯一免れた
生き残ったもろみで
震災後、初めて日本酒を絞った。

 

震災後初めての伯楽星だ

 
これが震災後に生き残ったもろみから造られた伯楽星


ここで一口飲ませてもらった。


貴重な貴重な、
伯楽星だ。


その一口は、
美味しいっという簡単な言葉だけでは、
とても伝えられるものではない。


でも、、

まさしく

生きてる味だった。

煌々と
エネルギーを秘めた味だった。


伯楽星は生きている。




今後どうするか、
いろいろ考えてる。


2008年の
岩手、宮城内陸地震で、蔵は打撃を受けた、、、
再びこんな大きな地震がすぐあるとは思わなかった。

美味しい酒を造ることは大切な課題ではあるけれど、
何よりも、
ここで一丸となって働いてる蔵人達の安全を考えると、


蔵をどうするか、、、、
修復するか、
建て替えるのか
ろいろいろな選択に迫られる。。。

と新澤さんは言う。


その言葉の影に
それが140年の歴史を抱えて
ゼロからのスタートを迫られてしまった蔵にとって、
容易なことではないのは、
新澤さんも
新澤さんの周りの人も
よくわかっている。



新澤さん、
人生はまるで
小説のようだよね。。。


っと、私がそっと言うと、


新澤さんは


本当だぁ。。

小説以上だぁ


自分は、
やりたいことを
やってこられた。


大変なことも多かったけれど、
全力でやってきた。

でも、
それでも、
悔いはないと言ったら
うそになる。


まだまだやらねばならないことがたくさんある。
だから、今、死ぬわけにはいかない。


諦めちゃいけないんだ。


前に進まないと。


そう、
言うと、

にっこり笑った。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



追伸


新澤醸造店を後に、
私は高速バスで東京に戻ってきた。


新澤さんと会ったこの6日の翌日7日の深夜に
再び、宮城を震度6の地震が襲った。
私はすでに東京に戻っていただけに、
電話もメールも通じず、
ものすごく心配だった。



翌日、
新澤さんからかかってっきた電話の第一声が、

  
 あ〜〜、 じゅみさん、地震に巻き込まれなくて本当に良かったよ。


っと、、人の心配をしている声で、

この人はどんな逆境でも、

周りの人を気遣う気持ちを忘れないんだっと、
思わずにいられなかった。



いやあ、大変ですけど、
とにかく、
何とか頑張りますから。


新澤さんは言う。



きっと精神的にボロボロになりそうな時に違いないのに、
今だから、言えるが、


この時の新澤さんの声を聞いて、

伯楽星は負けないと、
感じずにはいられなかった。





4月6日、 伯楽星の蔵の小さなアルバム


 
唯一蔵の事務所一階部分だけは何とか、大きな被害を免れた。

 
優しい豊さんと蘭さんが、確か五年位前、
私が、新澤さんに会いに行くと言ったときに、
日本酒好きの私のために、
こんな色紙を書いて持たせて下さった。
今も大切に蔵の事務所に飾られている。

 


 
女性蔵人 優しい浅野さん(*^^)v

 
新澤さんが撮影してくれた写真。





|  東日本大震災&伯楽星は生きている | comments(0) | - |