■ MAIN SITE
バレエ留学・短期語学留学などのサポート
JUMIバレエコーディネート事務所
■ NEW ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ RECENT COMMENTS
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    JUMI (07/02)
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    Laurelway (06/26)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    JUMI (04/04)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    花時計 (04/04)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    JUMI (03/23)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    n (03/19)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    JUMI (02/25)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    西崎ひかり (02/23)
  • イギリスも初雪だよ。
    JUMI (01/29)
  • イギリスも初雪だよ。
    まほ (01/29)
■ LINKS
■ PROFILE
■ OTHERS


イギリスの空の下からのつぶやき

イギリスの空の下からのつぶやき
<< 懐かしきアイルトンセナ〜そしてSENNINNA〜 | MAIN | ロンドン三越レストランにて〜未来のバレリーナ達と美味しく楽しい時間〜(*^_^*) >>
 3月11日、不思議な出来事〜空を突き抜けた母の愛情〜
今年、被災地の女の子達と一緒に話していた時のこと。

その時に女の子が話してくれたことがある。

地震と津波のあったその日、
幸いその女の子の家は海から離れていたから、
津波には巻き込まれず、
女の子も女の子の家族も無事だった。

でも、彼女の友人の女の子の家が津波に流されてしまった。

そのお友達の女の子の家は、
綺麗な海の近くにあった。

津波の時に、その女の子とお父さんは何とか非難することができた。
そしてお父さんと二人で
お母さんと弟は無事だろうかと心配しているところに、
女の子の電話が鳴った。

慌てて電話に出ると、

それは、
今すぐにでも会いたいお母さんからだった。

女の子のお母さんは、
娘の声を聞くと、
ホッと安堵し、

そして、息子と連絡が取れないのっと
心配声に変わり、
その、電話は
ブチっと切れたという。。

電話が切れた後、
お母さんからの着信の番号を見てみると、

それは、
すでに、
津波で流された
女の子の自宅の固定電話からであった。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

お母さんは、
きっと空に逝く途中、どうしても
子供達の事が心配で、
空から
電話をかけてきたのだろう。

お母さんが心配していた息子さんの、
女の子の弟さんは、
波にのまれて、、
やはり
お母さんと同じく
二度と戻らぬ人となった。

この話を聞いて、
女の子の前で
目頭が熱くなって困った。

震災に遭遇してもいない私が
泣くことはいけないような気がする。。
いつもそう思うのだが、
でも、
いつも涙がでてしまう。

そして、親子の愛情の強さと絆を感じずにはいられなかった。

それぐらい、
お母さんは
子供達の事を心配し
愛していたのだ。

お母さんの子供達への愛情と魂の叫びは、
死という
重いベールに包まれた世界を突き抜け
声となったのだ。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

私は、この話を
自分の子供達にも話した。

津波の流されてしまった被災地に訪れた事のある娘は、
あの光景は一生忘れられないっと
涙を流した。

被災地に行ったことのない息子は、
信じられないっと言って、
言葉を詰まらせた。

まだ震災の傷が生々しかった時に
中学生の娘をあの地に連れて行くことに
戸惑いがなかったかと言ったら
うそになるけれど、

今、日々が流れ、
震災の事が
だんだん風化されつつある危機感を感じるこのごろ、
忘れてはならない人間が一人でも多くいることは
たとえ小さな存在とて、
まったく無意味でないのかと思いたい。

私には
親しい大切な友人達が東北にいる。

そして復興に向けて
今日も頑張っている。

私に出来ることなんて
爪の垢にも満たないけど、
でも、この震災の事は絶対忘れてはいけないって
いつも思う。

先日、
英国赤十字社が、
東日本大震災(Japan Tsunami Appeal )への、寄付金の受付を終了したという。

これには、日本人としてショックであった。
一年たっていないのだ。

世界にはいろんな危機や困難があるのはわかるけれど、
東北の震災は半端じゃない規模の膨大な数の命を失い
計り知れないほどの悲しみを生んだのだ。

この事実は絶対忘れちゃいけないと思う。


追伸
この不思議な出来事の話しを私にしてくれたのは
バレエを一生懸命頑張っている宮城県の二人の女の子
新妻桃花ちゃんと萩原真美ちゃんである。
| ぁ‥貽本大震災&伯楽星は生きている | comments(0) | - |