■ MAIN SITE
バレエ留学・短期語学留学などのサポート
JUMIバレエコーディネート事務所
■ NEW ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ RECENT COMMENTS
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    JUMI (07/02)
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    Laurelway (06/26)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    JUMI (04/04)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    花時計 (04/04)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    JUMI (03/23)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    n (03/19)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    JUMI (02/25)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    西崎ひかり (02/23)
  • イギリスも初雪だよ。
    JUMI (01/29)
  • イギリスも初雪だよ。
    まほ (01/29)
■ LINKS
■ PROFILE
■ OTHERS


イギリスの空の下からのつぶやき

イギリスの空の下からのつぶやき
<< 熊川哲也さんの熱き思い 〜紫綬褒章受章インタビュー〜 | MAIN | オードリィーヘプバーンが鮮やかに蘇った!愛しきムーンリバー♡ Galaxy - Audrey Hepburn >>
 セントラルスクールオブバレエ〜羽ばたく上野祐未ちゃん〜
昨年の2012年の7月にCentral School of Ballet <セントラルスクールオブバレエ>を卒業した上野祐未ちゃんは16歳になったばかりで渡英して入学した。

小柄で可愛らしい顔立ちから、甘えっこの妹タイプかと思ったら、同学年の中の誰よりもしっかりしてる子であった。


 この写真はイギリスに着いたばりの日に寮で撮った写真。あどけない〜(*^_^*)

こんな感じで可愛くてかなり幼く見えたので心配になったけれど、

自分をしっかり持ってまわりに流されない、

不便な環境の中でも絶対めげないで、いつのまにか


あれ!!


乗り越えてる()

それが祐未ちゃんだ。

正直、祐未ちゃんから、あんまり弱音って聞いたことがないんだよな。


クラスでは常にトップクラスで、バレエだけでなくて、コンテもジャズも見事にこなしてしまう。学校のショーに行けば必ずメインキャストで踊り、ステージの上を水を得た魚のように動き回る、 ある意味、祐未ちゃんの踊りは完璧に近い。

歳は下でも年上の子たちにも頼られていて、この子は大物になるだろうなっていつも思ってる。


そんないつもポジティブで元気な祐未ちゃんであったが、在学中にイギリスで手術をするという経験をした。

長年患っていた三角骨が痛みがひどくなり、診察してもらった結果取るしかないという診断になった。

 

今でも印象的なドクターの言葉があって、

 

   YUUMIの三角骨は、

  踊ってる時、
  ナッツクラッカーで
  ガツンガツン!!と
  ナッツが叩かれてるのと
  まさしく同じ状況なんだよ!
っと。


それを二人で聞いて、ゾ〜〜っとした((+_+))

そんなに痛いのをよく堪えてきたんだな。

 

でも、手術をすればしばらくは踊れなくなる。

ダンサーにとってはそれはかなりつらい経験である。


今思うと、たかが三角骨、安全な手術だから大丈夫と誰かが言ったとしても、やはり数週間まともに踊れなくなってしまうのは、ダンサーにとって本当にきついことであったと思う。


でも、、君は弱音を一度もはかなかったね。


 入院した病院は素晴らしい病院で、お食事メニューなんかも出てきてびっくりしてしまった。これならもっといてもいいなんて冗談も言える程元気なポジティブシンキングでの入院患者の祐未ちゃんであった。

でも、、きっとホントは心の中は不安だったんだろうな。。笑顔でいたけど。

ごめんな。。。あんまり気の利いた事も言ってあげられず。。。ただ一緒になって笑ってた

私だった。。。(>_<)



メニューを見ながらご機嫌な?祐未ちゃん(笑)


そして傷も治り、見事に復活。

三年生のバレエセントラルの公演でも必須の存在であった。


卒業前には、同級生で良きライバルでもあり親友でもある滝本すみれちゃんと一緒に、我が家に遊びにきた。二人のコンビはいつも最高に良かったな♡♡♡


外の庭の明るい光を見つめながら、隣人にハローと言い、生き生きとしてたなあ。


夜はワイワイと盛り上がって明け方近くまでずっとおしゃべりした(笑)

 

在学中にはは数々の賞を学校からもらった。


また、卒業後、ヨーロッパの某ダンス雑誌の誌面において

夏の卒業公演での踊りについて以下のようなコメントをもらっている。


  ロンドンでは、まずセントラル・スクール・オヴ・バレエが

 高い水準を感じさせた。

 その中でも、舞踊技術と存在感が際立っていたのが上野祐未である。

 (海賊)のパ・ド・トロワをやすやすと踊り、

 しかもその前向きな熱気は周囲をも巻き込まずにはおかない。

 難しい箇所でもみごとに自分をコントロールし

 技術的にも全く緊張の走るところがない。

 まさに眼福といえる魅力に富んでいた。


と、絶賛された。


卒業していったん日本に戻ったが、イギリスのビザの関係上、ショートコントラクトだったが、イギリスのカンパニーから来てくれないかと声がかかり三か月後に慌ただしく再び渡英。

その現場での経験は彼女をプロとしての意識を一層芽生えさせて、彼女にとって素晴らしい宝となった。そして彼女の中でやはり海外で踊りたいという気持ちを強くしたのであろう。


一昨年より異常に厳しくなってしまったイギリスのビザの問題さえなければきっとこの国で踊っていただろう。


この夏にはやはり来ないかと呼ばれていよいよヨーロッパ以外の国に旅立つことが決まっている。

休みなく忙しいゆうみちゃんは、恩師のバレエスタジオで教師として教えや、その他アルバイトもしながら、飛行機で旅立つ時まで体調を整え、そして今着々と準備を進めている状況だ。


頑張れ祐未!応援してるからな\(^o^)/


先日日本に帰国前に君と二人だけでこっそりロンドンの居酒屋さんで飲めたのはすごく楽しかった。


祐未は周りに流されずしっかり自分を持って真面目に、でも自分に厳しく努力を怠らず、ずっと頑張ってきたね。エライよ。


今度はどこで会おうか、祐未。

これからも応援してるよ。


そして時々、これからも光に乗っておしゃべりしよ(笑)

君とのおしゃべりはとても楽しいよ。


Lots of love 

Jumi



          Yuumi の小さなアルバム


2012年7月、卒業式 Central School of Ballet 





すみれちゃんと一緒


祐未のアルバムからこんな愉快な写真を発見!(笑)



先日、二人で飲みに行ったロンドンの居酒屋さんで。


この写真大好き♡


| 若きバレリーナ☆JUMIの愛しきバレエの子供達☆ | comments(0) | - |