■ MAIN SITE
バレエ留学・短期語学留学などのサポート
JUMIバレエコーディネート事務所
■ NEW ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ RECENT COMMENTS
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    JUMI (07/02)
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    Laurelway (06/26)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    JUMI (04/04)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    花時計 (04/04)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    JUMI (03/23)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    n (03/19)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    JUMI (02/25)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    西崎ひかり (02/23)
  • イギリスも初雪だよ。
    JUMI (01/29)
  • イギリスも初雪だよ。
    まほ (01/29)
■ LINKS
■ PROFILE
■ OTHERS


イギリスの空の下からのつぶやき

イギリスの空の下からのつぶやき
<< 〜伝えたいこと〜 | MAIN | ☆4月にイギリス留学の個別無料相談を日本で行います☆ >>
 震災地より未来に願いを込めて渡英した二人の少女 〜新妻桃花 萩原真美〜
あの震災から三年を迎えた今日、
いろいろな事が頭の中によみがえる。
 
私の手元にも、
震災地から
留学しようかどうしようか
大好きなバレエを続けていいのだろうかと
悩み、、
震災から半年後
海を越えた宮城県出身の二人の女の子がいます。
 
一人の少女は新妻桃花。
今、イギリスのセントラルスクールオブバレエの最終学年で
少し前にはイギリスのBBCにも出演、
今はバレエだけでなく
コンテンポラリーダンスの才能も認められ、
イギリスの様々なダンスのパフォーマンスにも出演する
将来を期待されてる若手ダンサーのホープである。
 
そしてもう一人の少女は
萩原真美
日本にいる時は数々のコンクールでも名を馳せた長身の女の子。
そして今はバーミンガムロイヤルバレエ団付属のエルムハーストスクールにて勉強しながら
二年生という異例の抜擢で
バーミンガムロイヤルバレエ団の公演(バコダの王子)に出演中。
やはり未来の若手バレリーナである。
 
彼女たちには、
震災直後に宮城県の古川で会った時にいろんな話をして、
実は、かなり心が翻弄され娘と二人で
涙がこらえきれなくなって困った。
 
あの時に
海を渡って
私たちはイギリスに行っていいのかどうか
実はとても悩んでいると、
口をそろえるように二人が言ったのだ。
 
その理由は、
両親を
家族を
日本に残しておいて
もし何かがあったら
私たちはどうしていいかわからない。。
っと。
 
でも、その傍らにいる
ふたりのお母さん達が
自分のやりたいことをやればいいのだから、
私たちのことなんて
心配してるふりだけじゃない。。。
っと話すと、
 
二人とも、、、
ま、、
そうだけどね。。。
 
なんて言いながら、
秋の陽だまりのように
静かに笑いあったのだ。
 
でも、
お母さんも
彼女たちも
言いようもない
不安感と
でも、
それには押しつぶされたくない
未来への
祈りと
希望が
ものすごく
たくさんあるのだと私は感じた。
 
そして
桃花と真美が
渡英して
技術を磨き
更らぬ夢を描いて
生き生きと生きてるとことに
私は本当にえらいなあと思う。
 
彼女たちには
とくに、
震災で亡くなったお子様たちの中に
同じようにバレエダンサーを目指す子供たちがいたはずだから
その子たちの分まで
絶対頑張ってほしいと思うのだ。
 
以下は、
真美が
本日フェイスブックに投稿した記事を
本人の許可なく
勝手ながら掲載させて頂く。
 
頑張れ。
桃花 真美。
どうか二人を応援してあげてください。
 
Lots of love & happiness.
Jumi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

3月11日の記憶は昨日の事のようにはっきりと覚えています。
私の住んでいる地域はあまり被害は多くなかった方だけどバレエどころじゃなかったし地震後しばらくの生活は本当に大変だった。
あの地震は本当に死ぬ覚悟とこれからの人生をどうするかを決めるほどの地震だった。
小さい頃から知っている石巻の風景やおじいちゃんが亡くなって本当に辛かった。
あれから三年経って今でも思ってしまうのは自分はバレエをしていていいのかな?と。
バレエにかかる親への負担と、こうして留学しているうちにまた自分の大切な人がいなくなるかもしれないという不安。
留学してみると色んな辛い事があったりして本当は帰りたくて仕方ない。
けどここで帰ってしまったら諦めてしまったらきっと自分の人生を一生後悔してしまう自信がある。
辛くても何があっても自分の夢のためにやり遂げないとと思って今までやってきました。
やりたいことをここまでやらせてくれる家族に本当に感謝です。
下手くそだった小さい頃からまみちゃん頑張れ!って応援してくれた天国のおばあちゃんのためにも頑張ろうと。
3.11でたくさん失った物もあったけどそれだけ知れたこともあった。
今、自分にできることを精一杯頑張っていこうと思います。
家族をはじめ応援してくれる方々や支えてくれている人に本当に感謝しています。
ありがとうございます。これからもがんばります。

                                   英国 エルムハーストスクール  萩原真美



                               真美と温かき優しき家族の写真 



桃花と真美の関連ブログ記事

4月16日 再び夜行バスに乗って宮城へ。 バレエの少女達と再会。
  http://jumi-blog.ballet-uk.com/?eid=1061029

3月11日、不思議な出来事〜空を突き抜けた母の愛情〜
(桃花と真美から聞いた不思議な3月11日の本当の話)
 http://jumi-blog.ballet-uk.com/?eid=1061055

 
| 若きバレリーナ☆JUMIの愛しきバレエの子供達☆ | comments(0) | - |