■ MAIN SITE
バレエ留学・短期語学留学などのサポート
JUMIバレエコーディネート事務所
■ NEW ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ RECENT COMMENTS
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    JUMI (07/02)
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    Laurelway (06/26)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    JUMI (04/04)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    花時計 (04/04)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    JUMI (03/23)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    n (03/19)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    JUMI (02/25)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    西崎ひかり (02/23)
  • イギリスも初雪だよ。
    JUMI (01/29)
  • イギリスも初雪だよ。
    まほ (01/29)
■ LINKS
■ PROFILE
■ OTHERS


イギリスの空の下からのつぶやき

イギリスの空の下からのつぶやき
<< バロン西〜飛翔〜贈り物をお送りさせて頂きました。 | MAIN | 山本理久君 イングリッシュナショナルバレエカンパニー公演〈シンデレラ〉でプリンス役! >>
 〜チェコのバレエ団でプリンシパルポジションに抜擢された萩原真美ちゃん〜

先日素晴らしいニュースを受け取った。宮城県出身の萩原真美ちゃんがチェコのバレエ団のプリンシパルポジションに見事に昇進したのだ。まさかこんなにも早く主役を踊れる事になるとは本人もびっくりしたに違いないが今までの努力が実を結んだのだ。そして今度の公演でも〈白鳥の湖〉で主役を踊る。




真美に初めて会ったのは宮城県大崎市、まだ真美が中学生になったばかりの頃の事。

震災の前年に行われた伯楽星カップにも参加してくれた。そして2011年3月11日、東日本大震災が起こったのだ。震災から約1ヵ月後、いてもたってもいられなかった私は夜行バスに乗って宮城に向かった。そこでまだ中学生だった真美と初めて話をした。将来イギリスに行きたいと瞳を輝かせていた矢先、真美は震災で大好きなおじいちゃんを失った事を目頭を抑えながら打ち明けてくれたのだった。

帰りに仙台に立ち寄ったのだが、震災の傷跡が生々しく道がボロボロでスーパーやコンビニも商品はなく陳列棚はガラガラだった。

そして真美はその再会から1年後、海を渡った。残していくお母さん、お父さんの事を思いながら。どんな気持ちだったのだろう。

普通であれば旅立っていく子供の事が心配なのに、この子の場合はまた地震や津波が起こったらどうしたらいいのだろう。

母を父を助けに帰ってあげられるのだろうか。とても悩んだという。

そして真美はイギリスのエルムハーストスクールに留学した。

初めての寮生活に戸惑いながらも、生き生きと大好きなバレエと向き合った。慣れない英語もだんだん上手になっていった。

留学当初は日本から来た子にとっては当然の事だけれど、真美も英語に苦労した。

真美は一人っ子なのだが、兄妹の中で育ったのではっと思うくらいまわりの子たちともすぐ仲良くなり、

そして面倒見がとてもよいので年下の子たちからもとても慕われ頼られる存在でもあった。またうちの娘と同じ年であった事もあってよく一緒に遊んだりしていた。真美いわく、バレエは大好きだけれどプライベートはバレエと関係ないところで過ごしたいという持論を持っていた。バレエ以外の世界で観るもの聞くものに興味があったし、バレエという特別な枠の世界だけにはめられるだけでなく普通の一人の女の子でいたいという気持ちがとても強い子だったと思う

娘と二人で一緒に日本の漫画を読みながら、お腹を抱えて夜遅くまで笑っていた姿が懐かしい。 そして翌日は必ず二人そろって午後までちっとも起きてこないのだ。笑


                           仲良しの真美と娘 〈娘二人!笑〉

その後、現在アメリカのカンパニーに在籍中の佐竹美咲ちゃんや

現在イングリッシュナショナルバレエスクールに在籍している山本理久君がエルムハーストに入学してきて

彼らのお姉ちゃん役としても真美の存在はバレエだけでなく日常生活においても頼もしい存在だったのだ。

写真は我が家に遊びに来た時。

2014年の3月にバーミンガムロイヤルバレエ団の舞台に真美が出演した時、

ロンドンの劇場まで観に行った。もう嬉しくて感動してしまった事を忘れられない。

イギリスの母の日がちょうど3月だったので

終演後、真美は可愛いカードとプレゼントを私にくれた。

今でも大事にとってあるよ。ありがとう。真美


その晩、バーミンガム行きの電車がなくなってしまったのでうちに突然泊まる事になったのだが、

ちょうど娘が留守で部屋が空いてたので真美にこう言ったのを覚えてる。

〜真美、ちょうどあの子が留守だからそのままベッドに寝ればいいよ。

もう遅いし面倒だからシーツ取り替えないけどいいよね〜〜!

っと言ったら、真美がすかさず

〜全然大丈夫〜〜〜っ〜

と笑いながらその日はベッドにもぐりこみ

翌日は午後までちっとも目覚めなかった

まるでもう一人の私の娘真美なのであった。笑

お互いに気を使わないこんな関係が私はとても幸せだと思う。

Spring Cerebration at Royal Opera House では、真美はエルムハーストスクールの代表に選ばれて出演

同じく現在劇団四季の劇団員の石橋杏実ちゃんもセントラルスクールオブバレエの代表で出演して

楽屋で嬉しい再会に二人は盛り上がった。

下の写真は3年生の真美と、まだYear11だった山本理久君の二人が

バレエのソロコンペティションで仲良く優勝した時のもの。

卒業公演では主役のスワニルダで観客を釘付けにした。


そしてこれは真美の引っ越し物語。JUMIファミリーでお手伝い!ドライバーの高橋さんの大きな車に無事全部の荷物を詰め込みました!

みんなお疲れ様!!笑 懐かしいイギリスから新天地に向けて!



~真美からもらった母の日のカード~

真美、これからもプロのバレリーナとして世界で羽ばたいて活躍してね。

震災の哀しみを乗り越えて今自分の足でプロのダンサーとして異国の地で踊る君はすごいと思う。

これからもず〜〜っと応援しているよ。

イギリスと東京の空の下から

Lots of love & happiness

JUMI

萩原真美ちゃん関連記事  

エルムハースト10周年記念 キラキラ3月7日 素敵な子供達の公演 Spring Cerebration at Royal Opeara house      

真美、理久、美咲、おめでとう*(^o^)/* 震災地より未来に願いを込めて渡英した二人の少女 〜新妻桃花 萩原真美〜

3月11日、不思議な出来事〜空を突き抜けた母の愛情〜 4月16日 再び夜行バスに乗って宮城へ。 バレエの少女達と再会。

JUGEMテーマ:芸能

| ゼ磴バレリーナ☆JUMIの愛しきバレエの子供たち | comments(0) | - |