■ MAIN SITE
バレエ留学・短期語学留学などのサポート
JUMIバレエコーディネート事務所
■ NEW ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ RECENT COMMENTS
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    JUMI (07/02)
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    Laurelway (06/26)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    JUMI (04/04)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    花時計 (04/04)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    JUMI (03/23)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    n (03/19)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    JUMI (02/25)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    西崎ひかり (02/23)
  • イギリスも初雪だよ。
    JUMI (01/29)
  • イギリスも初雪だよ。
    まほ (01/29)
■ LINKS
■ PROFILE
■ OTHERS


イギリスの空の下からのつぶやき

イギリスの空の下からのつぶやき
<< イギリスのバレエ学校のスカラーシップ賞 イギリスのバレエカンパニーの短期トレイニーの賞など〜 | MAIN | 津村禮次郎 黒い瞳の伯爵夫人 ロンドン ジャパン祭り2017 動画 >>
 〜ダンサー鈴木竜の挑戦〜

鈴木竜が明日4月10日にフランスに出発する。これは竜が2017年度の横浜ダンスコレクションで若手振付家の為の在日フランス大使館賞、 MASDANZA賞、シビウ国際演劇祭賞となんと三つの賞を受賞するという快挙を成し遂げた事からの渡仏である。 そしてつい最近では4月7日のNHKで行われた(NHKバレエの饗宴)に出演してNHKホールにて平山素子さん振付の『Chimaira』という作品を踊ったばかりである。




           写真提供 Ryu Suzuki

竜と出会ったのは、もう10年以上も前の事である。まだ竜は初々しい高校生であった。今でも忘れない新宿の京王プラザホテルのティールームでの事だ。 はじめはお母さまと一緒だったのだけれど竜が途中、お母さんに JUMIさんと二人で話したいので席を外してほしいと 切り出したので、

お母さまは二カっと 笑ったかと思うと

あの〜〜〜お母さま〜〜〜〜!!

お見合いじゃないんですけど。。笑

っと、叫ぶ暇もなく 風のように去って行かれてしまったのである。

お母様はめちゃくちゃチャーミングな方である。 と、まあ、 一人残された竜少年を前に オバサンの私はクスっと笑ってしまった。

それから竜はよくしゃべった。 目を生き生きさせて。 たくさんたくさん彼の思いを話してくれた。そしてあの時 私の目の前で言った忘れられない竜の言葉がある。

じゅみさん。日本ではまだコンテンポラリーダンスっというものがあまり知られていない。

だから僕は将来必ず日本にコンテンポラリーダンスを広めたいという夢があるんです。

必ず、その夢を僕は実現してみせます。

彼はコンテンポラリーダンスとクラシックバレエを両方きちんと海外で学びたいという思いが強かった。どんなダンスのプロになるにしても両方きちんと技術を身に着けて踊れなかったらプロとして通用しないという事をもうその時点で彼はすでに気が付いて知っていたのだ。 実は彼はすでにジャズダンスの世界ではかなりの優勝経験もあり、その道でプロとして活躍し始めたところでもあった。

ジャズダンサーとして活躍していた頃の竜

でもある時竜は私にこんな心の思いをメールに書いてきた。このメールは私のパソコンの中に大事に保存してある。

自分がこれまでダンスを学んできて、少なからず表現の限界を感じてきたんです。このままいく事もできるけれど僕が目指しているものと違うのではないかって最近感じるんです。コンテンポラリーダンスの表現力やクラシックバレエの技術をもっと学んでいかないと、僕はいつか立ち止まってしまうのではないかと。そしてコンテンポラリーダンスは現代のダンスの中で、僕の目指すダンスに近いような気がするんです。それを思うと胸が震えるのを抑えられないんです。

その翌年の2月26日にクラシックバレエとコンテンポラリーダンスをしっかり学びたいという熱い思いの元、イギリスのランベールスクールオブバレエ&コンテンポラリーダンスで現地オーディションを受けた。

ランベールスクールでオーディションが終わってホッとした竜

見事合格!

そしてオーディションを受けたその晩に我が家に泊まったのであった。それがその時の懐かしい写真

うちの息子君&娘ちゃんもまだ小ちゃい。

でも竜はとても子供と話すのが上手で すっかり我が家で人気者のスターになってしまったのだ。笑

竜君、竜君、竜君〜〜〜〜〜!!!!チビ達に追いかけられる。

そしてその秋、 いよいよ渡英 本格的にイギリスでのスタートである。が、、、、空港で待って待っても、竜が出てこない。。

それで心配になった私は ・・・・・・・この続きはこちらの(鈴木竜君がやってきた)にて。

さて竜はランベールスクールでBAを取得して見事に卒業してイギリスの Phoenix Dance Theatreに入団。カンパニーに振り付けられた作品のほとんどに主要メンバーの一人として出演 。カッコいいなあ。竜。

ロンドンオリンピックでの開会式では アクラム・カーン振付セクションに出演。帰国後はダンサー、パフォーマー、そして振付家としても活躍。横浜ダンスコレクション2017コンペティションでは、ソロ作品『BU』で「若手振付家のためのフランス大使館賞」「MASDANZA賞」「シビウ国際演劇祭賞」をトリプル受賞するという快挙を成し遂げるのだ。

と、竜はあの京王プラザで私に話してくれた事を確実に実現している。言霊

それからここ最近で一番嬉しかったのは 津村禮次郎先生のステージに竜が出演したことである。
昨年の二月にセルリアンタワー能楽堂にて弦楽の幽玄に能楽師津村禮次郎先生とヴァイオリニスト古澤巌さんと共に。


これは本当に嬉しかった! 素晴らしい舞台だった。終演後はBig Hug でした。

なんといっても 私が最も尊敬し敬愛する舞台人であられる津村禮次郎先生と

私にとっては可愛い息子のような竜が 共演を果たすなんてこれは夢のような現実なのだ。

  〜そしてここでお知らせがあります〜。

すでにご存知の方も多いかもしれませんが鈴木竜がついに自分のカンパニーを設立しました。カンパニーの名前は 「eltanin」(エルタニン)です。eltaninとは、星座のりゅう座の中で一番明るい星の名前です。これにあたり、皆さまに応援のお願いがあります。竜がフランスでの3ヶ月の滞在制作で制作する新作ソロ作品『AFTER RUST』及び、「シビウ国際演劇祭賞」による公演機会にて、ルーマニアのシビウでは「BU / AFTER RUST」として鈴木竜初のダブルビルによるソロ公演として世界初演ののち、他の国や日本での公演も予定しております。 そして、この作品の制作費およびシビウ国際演劇祭に参加するためのスタッフの渡航費や人件費、

美術費や衣装費などの費用をクラウドファンディングを使って集めます!竜がこれから益々羽ばたけますようにお力をお貸し頂ければ幸いです。

詳細はこちら。鈴木竜のプロジェクトの応援、クラウドファンディングはこちらからです。

https://readyfor.jp/projects/ryusuzuki-eltanin どうぞよろしくお願いします。

応援は4月27日(金)午後11:00​までです!

私はこれからも縁があって繋がった鈴木竜をママのような気持ちで応援していきたい。

なんと言っても 目を輝かせて夢を語ってくれた 高校生だった竜の瞳を 今でも昨日のように思い出されて

大きな男の子を前にして言うのもおかしいが私にとっては竜は何歳になろうとも可愛い男の子なのだ。

   〜竜のアルバム〜

これは昨年の12月の結婚式。素敵な花嫁さんの萌代さんと竜

萌代さんはお会いして本当に素晴らしいお嬢さんだと実感。 竜にはもったいないくらい。笑


結婚式は素敵な洋館で竜はめちゃくちゃ素晴らしくて温かい仲間たちに囲まれて

厳かに、清らかに、そして明るく幸せにとり行われました。

私はイギリスのお母さんという事で 竜のお母様と一緒に 写真を撮って頂きました。

やっぱり竜のお母様はいつもとっても素敵 !

でも一番素敵だったのは 竜の花嫁さんだよ。竜。竜の花嫁さんの萌代さんは 元バレエダンサーで ダンサーの気持ちがとてもよくわかり、ダンサーの手助けがしたいと、 今は本格的に整体の勉強もされております。JUMIの子供達に何かあった時に相談にのってもらったりしてます。竜の義理のお兄様は医学の道を志していらっしゃるのでできればスポーツ整形やってくれたらいいよね。なんて竜と勝手な話をしてしまいました。笑

そしてこちらはかなり昔の写真 

JUMIファミリーで集まって食事会 。そして今この子達はそれそれの夢と共に自分たちの足でしっかり立って生きている。

ポーランドのバレエ団で活躍中の田口詩織ちゃん、そして新国立バレエ団及びスターダンサーズバレエ団で踊る石山沙央里ちゃんと共に。ロンドンの某居酒屋さんで。

もう10年も昔。

そして竜が好きなので作ったカツ丼。喜んでたべてくれたっけ。

そして今もカツ鍋にしたりとJUMIの子供達が集まった時に相変わらず食べているよ。

こちらは津村先生とのジャパン祭りの能とバレエとピアノのコラボレーション〜グーデンホフ光子の生涯〜のリハーサルの時にたまたま竜も同じく新宿村の同じ階でランベールスクールのワークショップで竜が指導をしていて日笠先生と共に挨拶に来てくれました。

その時に、渡辺幸とも再会。あれ、、どっかで会ってるよね?って二人で話しておった。

ほら、ロンドンで会ってるじゃん。笑

そういえば竜が昔( JUMIファミリー)の事を( JUMI組)って言ってて、

それはなんか あやしいからファミリーにしてくれよ! って言った覚えがあります。 で、、、 そのまま 竜、 君の 妹達や 弟達が 君のように頑張ってるよ。 さて これからも 夢を実現する為に 頑張ってね。私は君が 有言実行するのがスゴイと思う。 これからもいつも応援してるよ。明日から暫くフランスで頑張っておいで。 イギリスと東京のお母さんより(笑) Lots of love & happiness JUMI

  最後になりましたが、鈴木竜の応援、クラウドファンディングをどうぞよろしくお願いします。あと残り18日です。

鈴木竜出演のバレエの饗宴の本番の模様は5月20日(日)の21:00〜23:30にEテレで放送されますのでぜひご覧ください

鈴木竜の関連記事

軽快に竜君 (^^♪

鈴木竜君がやってきた!

英国ランベールスクールのサマーコース新宿村8月27日&28日に開催!鈴木竜も指導!

| ゼ磴バレリーナ☆JUMIの愛しきバレエの子供たち | comments(0) | - |