■ MAIN SITE
バレエ留学・短期語学留学などのサポート
JUMIバレエコーディネート事務所
■ NEW ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ RECENT COMMENTS
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    JUMI (07/02)
  • 未来のエトワール 山本理久君 NHKバレエの競演2016に出演!
    Laurelway (06/26)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    JUMI (04/04)
  • 〜ケガに泣いたけれどくじけなかった遼香の旅立ち〜
    花時計 (04/04)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    JUMI (03/23)
  • ☆エルムハーストスクール サマースクール詳細☆
    n (03/19)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    JUMI (02/25)
  • イギリスのバレエ学校のサマースクールのお申込み受付中です。
    西崎ひかり (02/23)
  • イギリスも初雪だよ。
    JUMI (01/29)
  • イギリスも初雪だよ。
    まほ (01/29)
■ LINKS
■ PROFILE
■ OTHERS


イギリスの空の下からのつぶやき

イギリスの空の下からのつぶやき
<< 新年明けましておめでとうごさいます。 | MAIN | バレエ写真撮影 バレエダンサー長瀬桃華ちゃん >>
 最も可憐なバレエとミュージカルの花 石橋杏実

高度なバレエ技術を要する劇団四季の「パリのアメリカ人」で見事にヒロインのリズ役の出演候補に選ばれた石橋杏実ちゃんは2014年の6月に最愛なる父親が天国に旅立ったその悲しみの中、イギリスに戻る飛行機の中でずっと考えている事があった。それはイギリスの学校を辞めて日本に帰国することであった。父親を亡くしてこのまま自分だけイギリスにいる事はできないと悩んでいた。そんな思いを杏実が口にした時に、回り中がそれを反対した。なんとかあと1年卒業までイギリスでトレーニングを続けてほしいと。

でもそれが叶う事になった。なぜなら全てにおいて才能溢れる杏実に奨学金が出る事になったからだ。

2014年の9月、杏実はセントラルスクールオブバレエの最終学年の三年生に進級した。

それからの杏実は目まぐるしく忙しかった。忙しい方が杏実にとっても良かった。ロイヤルオペラハウスで踊り、バレエセントラルのメンバーとしてイギリス各地を常にメインキャストでツアーで踊ったのだ。そして私にとって嬉しかった事は、JUMIで初めてプロデュースした第一回目のオリジナル作品、津村禮次郎の能とバレエとピアノのコラボレーション(HAKURAKUSEI)のヒロインに杏実が津村禮次郎と共にロンドンのトラファルガースクエアの野外ステージで踊ってくれたことだ。彼女は相手役の鶴家君と一緒にバレエとダンスの振付までやってのけた。津村禮次郎はその時、杏実の舞台人としての才能に気が付いていたという。

 

三年生になると、オーディション活動が始まる。イギリスの様々なバレエ学校からも若いダンサーの卵たちが世界中のダンスカンパニーを目指してオーディションに行く。杏実がオーディションを受けたいところは二つだった。一つは劇団四季、そしてもう一つはマシュー・ボーンのNew Adventuresだった。杏実から度々New Adventuresの話は聞いていたが、ちょうど杏実のオーディションの次期New Adventuresはオーディションをやっておらず杏実は劇団四季一本で行こうと心に決めて、劇団四季のオーディションに弾丸帰国をした。

そして、2015年の7月の中旬、杏実は劇団四季から吉報を受け取り、なんと若くして劇団員として合格をしたのだ!彼女にとって卒業をしてすぐにプロになって踊るというのは自分の中で決めていた事だ。それは自分の夢の為だけでない。一家の大黒柱を失った母の為でもあったのだ。

 

そして、その数日後、杏実はロンドンのシアターで卒業式を迎える。本当だったらお父さんとお母さんが一緒に参列するはずだった卒業式だ。お母さんに以前お会いした時にその事をとても楽しみにされていたのだが、状況が変わってしまった。また昨年の葬儀の時に勤務先の会社が温かく配慮してくれたおかげで長く休ませてもらえた事や一周忌でも休みを取らせてもらったりと、これ以上会社にも迷惑をかけたくないという思いもあって、お母さんは卒業式にいらっしゃらなかったが、杏実が、じゅみさんが来てくれるから大丈夫だよっと笑ってくれていたという。




 

卒業式の日、セレモニーが終わった後にステージで杏実と二人で向き合った時にお互いに目頭に涙がたまってしまい、とても照れ臭かったのを覚えている。杏実のお母さんと、そして天国にいるお父さんの代わりという重要な役目でもあった私はお二人の気持ちが私の心に広がり、杏実の事が一層愛おしい気持ちでいっぱいになった。また涙が出てしまった。



 

私は2005年からイギリスにバレエ留学してきたたくさんの素晴らしい子供達を見てきているがその中でも杏実はても愛らしくそして一緒にいていつもとってもハッピィな気持ちにさせてくれるとてもポジティブな子である。本人から泣き言や愚痴というものを聞いた記憶がない。卒業式後、日本にすぐ帰ってしまうのはやはりとても寂しかったけれど、次のステップに向かって杏実は進んでいかないといけない。

そして帰国からほんの数か月の11月にあっという間に「オペラ座の怪人」のアンサンブルで初舞台を踏むのだ。

 

パリのアメリカ人の演出・振付のクリストファー・ウィールドン氏はインタビューで以下のような話をしている。

パリのアメリカ人をバレエダンサー出身のウィールドン氏が演出することについて、まず美しいミュージカルナンバーを披露して、芝居やダンスは添え物で、という舞台には絶対したくありませんでした。音楽と舞踊と芝居が三位一体となり、それらのあらゆる要素が互いが信頼できるパートナーとして高めあっていかなければ、目の肥えた今の観客を満足させることはできません。オーディションでは幸いにしてそれを実現できる原石たちを見つけられました。と。

杏実は見事にその原石の一つとして選ばれたのである。

杏実の真っすぐした思いと努力が通じた瞬間でもある。実は、このオーディションの前に杏実は足を負傷していて2か月ほどリハビリをしていたのだ。本当はアンサンブルのオーディションを受けようかと思っていたのだが、周りからの勧めもあってヒロインのリズ役のオーディションを受ける事にきめたのだ。しかし、オーディションの時はトォーシューズを履くのは厳しい状態で痛かった。しかし杏実は持ち前の笑顔と根性でやり遂げたのだ。


写真 劇団四季 ミュージカル「パリのアメリカ人」制作発表会より

さて、リズ役候補の石橋杏実はどんな子供だったのだろうか。。。

本人曰く、子供の頃はシャイで引っ込み思案だったそうだ。でも動く事が大好きで自転車でスピード出しすぎて人の家の駐車場に突っ込んでしまって怪我したり、川の溝に落ちたりという失敗談もたくさんあったようだ。 実は、自転車でスピードを出しすぎて人の家の壁に突っ込んでしまったことが私も子供の時にあるのでこれを聞いた時は笑ってしまった。でもこの話についてお母さんは勿論笑ってなんていられない。自転車でブロック塀に突っ込んだ時は額を2~3針縫うけがをして(現在はすっかり綺麗に治りましたが)これも後々まさか舞台人になると思うと大失敗ですね。。っとお母さんは苦笑する。

 

シャイで内気な杏実だったけれど、子供の頃から舞台に立つ事が好きで、特にスポットライトを浴びると日常を忘れて開放感を味わえるその感覚がとっても心地よかったのを覚えていますと杏実は言う。

 

杏実は早生まれなので、小さい頃は同じ年の友達からしても妹のような存在だったようだ。周りから見ると我慢強くてあまり喜怒哀楽を表に出す方ではなかったそうなので、今、舞台人として仕事をさせて頂いているのは意外と思う方も多いかもしれないとお母さんはおっしゃる。また私が知る杏実はいつも笑顔をたやさず、後輩の面倒をとてもよくみて、また本人は末っ子だったこともあって下の子の面倒をみるのは好きだそうだ。

なので、JUMIのところから新入生がイギリスに留学してくると、JUMIファミリーとして率先して新入生の事をいろいろ優しく面倒みてくれたり教えてくれたりしてくれてとても助かった。





 

イギリスのJUMIの田舎家に遊びに来てくれた時、BBQをした。ロンドンや東京という都会が似合う洗練された女の子なのだけれど、杏実はこういう田舎にもしっとりと温かくなじむ。。。

杏実はそんな子だ。だから、これからいろんな役をこなしていく事ができるだろう。

リズの役もぴったりだなっと思う。なんといっても杏実は真のバレエダンサーの一人であるから。

 

私は今は日本とイギリスを行ったりきたりの生活だが、まだ杏実が卒業した頃はほとんどイギリスにいたのですぐに杏実の公演を観に行くことができなかったのだが、

私がちょうど日本にいる2017年の4月に杏実が劇団四季の「ライオンキング」の東京公演に招待してくれた。杏実はシンバとナラのシーン(愛を感じて)で男性と美しいパドゥドゥを踊ったのだか、この二人のパドゥドゥは観客の心を惹きつけ圧巻。もともとバレエが上手だというのは知りすぎるほど知っている私なのだが、プロになってこれだけの観客の前で踊る杏実のダンサーとしての成長と実力に感動のあまり言葉が出なかった。もちろん相手役の方の素晴らしい踊りとサポートがあってこそでもあるが。

 

本当にこの子は夢を実現してくれた!!っと、とっても嬉しかった。終演後、杏実に会ったが、そこにはいつもと変わらぬちょっぴり子供っぽい愛らしい杏実がいた。実は私はこの時に杏実にライオンキングのプログラムにサインを〜!!っと言って照れていたがサインをしてくれた。




そして、パリのアメリカ人のリズ役候補として決まった直後の昨年の9月、渋谷の「パリのアメリカ人」の上演する予定のシアターオーブのある渋谷ヒカリエの中のレストランで杏実と再会した。



笑顔で現れた杏実はいつもと変わらなかったが、でも、更に何かとても気持ちのいい爽やかな光を放っていた。いつも思うけれど、この子は一緒にいるととてもハッピーな気持ちにさせてくれる子なのだ。二十歳を過ぎたのだからそろそろこの子ではなくて、女性と書くべきところだけれど、私にとっては杏実はいつまでたっても10代の頃の杏実ちゃんなのだ。これからもずっと。 見守っているよ。杏実 いつでも。

Lots of love & happiness

JUMI

 

 

  ※杏実の小さなアルバム

卒業する時に杏実とお母さまから頂いたカードとプレゼント。




ジャパン祭り 津村禮次郎 能とバレエとピアノのコラボレーション第二回目の「音速の旅」のリハーサルの時、劇団四季のレッスンの合間に杏実が差し入れをもって顔を出してくれた。



写真上は震災で全壊して見事に復活した<HAKURAKUSEI>のストーリーだったので実際の日本酒伯楽星と。

写真下は能楽師津村禮次郎と出演者と。




出演前のウオーミングアップ


ライオンキング公演中に四季劇場の外で。気分はすっかりシンバ?の杏実でした。笑

 

まだ劇団四季に入る前の初々しい杏実のインタビュー1分2秒あたりで見る事ができますよ。

https://www.youtube.com/watch?v=lxkZ05nCA9w&t=62s

こちらは杏実が能楽師津村禮次郎と共演した時の「HAKURAKUSEI」の映像

https://www.youtube.com/watch?v=QrEDMFQqysg&t=155s

杏実は7分28秒あたりから踊ります。

 

 

 


 

 

JUGEMテーマ:芸能

| ゼ磴バレリーナ☆JUMIの愛しきバレエの子供たち | comments(0) | - |